北欧デザインと最初の出会いとなった腕時計

アナログの腕時計を愛用して、10年以上が経ちました。

今は、国産の腕時計を5年近く使っていますが、

このお話は、1つ前に私が使っていた腕時計のことです。

今私は、北海道のとある地方都市で、多用途にご利用いただける学習塾の運営をしています。

いわゆる脱サラで、裸一貫の独立ですが、なんとか1年、事業を継続できました。

コンセプトは北欧・フィンランドの教育モデルに学び、日本の地方都市の持ち味との相乗効果を図ろうというもので、教室内も北欧風のデザインにこだわり、お客様にも大好評です。

今でこそ、北欧のデザインにのめりこんでいる私ですが、1つ前の腕時計を買った頃は、まったくそのような感性は、持ち合わせていませんでした。

購入した腕時計は、スウェーデンの「スカーゲン」。

残念ながら、北海道の地方都市では、海外製品の部品の取り寄せなどは望めなかったため、故障したままになっていますが、シルバーで文字盤がスタイリッシュであり、とてもお気に入りの腕時計でした。

自分も、スタイリッシュなものに囲まれて、センスを磨きたい。

この時計を購入したころから、ずっとそんな気持ちでいます。

今装着している国産の腕時計も、手に馴染みやすく、また、秒針の音も心地よく、気に入っているものではあります。

しかし、デザインにこだわった私の教室の中で、腕時計で時間を確認するたびに、

あの頃自分が希望として抱いていた、センスを磨きたいという思いが、叶ってきていることを実感しています。

この投稿は2017年3月24日に公開されました。

腕時計で思い出す、親の気持ちが分かっていなかった若い頃のこと

私は娘が小学生になった時に、腕時計をプレゼントしました。本人の好みで選んだものですから気に入って毎日つけてくれています。その様子を見て、親としては嬉しく思っています。でも、同時に苦い思い出も蘇ってくるのです。

私は社会人になって親に腕時計をプレゼントしてもらいました。学生時代につけていたのは安いものでしたが、さすがに仕事をするのにそれではいけないだろうということで買ってくれたのです。大人っぽいデザインの時計は初めてだったので嬉しく思い、それからしばらくは愛用していました。

数年後、彼氏ができました。その彼が誕生日に腕時計をプレゼントしてくれたのです。私はそれまで男性から高価な贈り物をもらう経験をしたことがなかったのですっかり舞い上がってしまいました。そしてその日からその時計ばかり身に着けていました。

親はそれを見て、「たまにはあの時計もしたら?」と言っていました。でも私はそれを聞かなかったふりをして、彼からもらったものばかり使っていたのです。当時の私は親からもらったものより彼からのプレゼントの方がさらに嬉しかったので何も考えずにそうしていたのですが、今から思えばずいぶん親の気持ちをないがしろにしていたなと思うのです。2つの時計を交互につければ良かったのに、あの頃の私はそこに思い至れませんでした。

今、喜んで時計をしている娘を見て、あの時もっと親の気持ちを考えて時々は親からもらった腕時計をすれば良かったなと思います。子供が親から離れていくのは当たり前のことですが、実際にそれを目の当たりにするのは切ないだろうなと今なら容易に想像できるからです。私の勝手を黙って許してくれていた親のことを、今からでも大事にしていきたいと思います。

この投稿は2017年3月14日に公開されました。

母親が成人のお祝いにプレゼントしてくれた腕時計

私は現在23歳ですが、成人のお祝いに母親から貰った腕時計をずっと愛用しています。あまり普段からおしゃれしない私でもずっと長く使えるようにと、シンプルだけどかわいい腕時計をプレゼントしてもらいました。それまでに自分で買った腕時計は安物ばかりで、きちんと名前の知っているメーカーの腕時計をもらってとても嬉しいのと同時に自分も大人なんだなあと背すじがしゃきっとしたような感じがしました。現在はあの頃より少し身だしなみもきちんとするようになり、自分の服装に合ったおしゃれな腕時計を買ったり、もらったりしていくつか持っていますが、それでも大事なときや自分に気合を入れて行こう!と思う日は母親から貰ったその腕時計をしています。ソーラー電池式で、しばらく箱に入れたままだと止まってしまうこともあり、定期的に日の光を浴びてもらおうと積極的に使用しています。今どきの凝ったディスプレイやかわいいレザーなどのベルトもいいのですが、シンプルです飽きのこないこの腕時計が私は大好きです。もし自分に子供ができて、その子が成人するときにも同じように、シンプルでずっと使っていたくなるような腕時計をプレゼントしたいというのも私にとって小さな夢だったりします。アイスウォッチ(Ice Watch)時計通販専門店 | 腕時計エリア

この投稿は2017年3月10日に公開されました。

腕時計を着けていた憧れの大人像について

昔から、腕時計をしている人に惹かれます。携帯電話の画面を見れば、時間はわかる、そういう時代になって十年以上は経つと思います。しかし、今になっても時間を確かめる動作に、何となく美しさを感じてしまう事が多いのです。

たまに腕時計をしている方を見かけるとつい、手首を見てしまいます。まるで目が腕時計を探し当てているような感じがします。

よく考えれば、幼少時から時計の文字盤が好きでした。時計屋などで綺麗な文字盤や好みの文字盤を見つけると、ガラスケースの中を覗き込んでいました。時針と秒針は見ていて飽きる事がありません。大人になったら、それを自分の腕に着ける事ができるんだ、と憧れていました。いざ自分が大人になる頃には、携帯電話の普及で、腕時計をする習慣が廃れてきてしまいました。

それでも腕時計が好きな私は、いくつかの腕時計を身に着けてきました。気に入ったものは修理して、修理ができなくなればそのまま保管しています。腕時計をころころ着け変える事はありません。何年も同じ時計をしていて、ふとした時に眺めてほっとしています。

人から、腕時計をしてるんだね、と珍しがられる事もあります。子供の頃の憧れの大人像にはほど遠いですが、手首を見ると時間を身に着ける事の豊かさのようなものを感じて、少し嬉しいと思う事もあります。

この投稿は2017年3月1日に公開されました。

無理してブランド腕時計を買わなくとも充実感は得られる、筈

実のところ、私はこれまでの人生の中で5万円を超える腕時計を購入し着用した事が1度もありません。

あくまで腕時計は現在時刻を知る為の道具と割り切り、それ以上の役割やグレードを一切求めていなかったからこそこうなったのですが、それでも1モデルにつき10年前後は持たせる事が出来ていますから、十分元は取ったと自分なりに納得しています。

元々趣味がアウトドアという事もあって利用法が結構ラフ。2年も経たないうちに金属製のベルトや文字盤周囲に細かなスクラッチ傷が大量に付くのは当たり前で、仮にブランド物の時計を同じ扱いにしたら、中古買取価格も大して期待出来なかったに違いありません。

この様に勿体無さから遠慮していた部分もあるのですが、それとは別に、腕時計自体あまり似合わない体格であったというのもブランド物に手を出さなかった理由でした。とにかく頭デッカチな上、幾ら鍛えても手の平や手首が女性の様に小さく、これに男性用の腕時計を着用しても周囲に違和感を感じさせてしまうのは間違い無いでしょう。アクセサリーやステータスの象徴では無く、あくまで実用性とコストパフォーマンスだけを重視して選んだ結果がこれだっただけの事です。

いずれにせよ、現在に至るまで全く不満やストレス無く過ごせてきたのは、その様なチョイスが成功してきたという証でしょう。

この投稿は2017年2月24日に公開されました。

腕時計を持っているのに…やっぱりもっと欲しい

ここの所また、腕時計欲しい熱が高まっています。すでに二本ほど所有していて、それらで必要な用途に応じた腕時計としては十分な気もしていますが…やっぱり欲しいなぁと思うのです。私が今持っている腕時計はヴィヴィアンウエストウッドの大き目のフェイスの物と、ニクソンの真っ白のタイムテラーです。どちらも普段使いで、特にニクソンは暑い時やアウトドア用として、よく利用しています。

何で今さら腕時計をまた欲しがっているのかというと、素敵な腕時計が巷に溢れているからです。特に素敵だなと思ったのがダニエルウェリントンの腕時計です。ビッグフェイスでシンプル、しかもバンドを取り換えることができるので何パターンも楽しめる、さらに意外とお手頃だということです。

レディースでビッグフェイスな物だと、ちょっとカジュアル過ぎるのかなと思っていた概念を見事に覆させられました。「よし!絶対買うぞ!」と思っていたのですが、ここに来て、かなりブームになっているせいか色々な所でダニエルウェリントンを見る機会が増えてしまい、躊躇しています。

躊躇している中で色々ネットを徘徊していると、素敵な腕時計がわんさかと出てきてしまい、そして今は迷走中というわけです。お財布と相談しつつ、素敵な腕時計を一つ…二つくらい買いたいなぁなんて思っています。うーん、やっぱり腕時計って大人の必需品、素敵です。

この投稿は2017年2月18日に公開されました。

お気に入りの腕時計を選ぶのは難しくも楽しい

腕時計と聞いて頭に浮かべるのは、キラキラして可愛くてとても素敵なものです。

時間を確認するための実用的な物ですが、その存在はアクセサリーと同じく身に着けているとウキウキ心が躍り、一日を華やかに過ごさせてくれる無くてはならない大事なアイテムです。

ただアクセサリーと少し違って感じるのは、腕に一つ着けるシンプルだけど奥深い品物だと思います。

洋服やバッグなど流行り廃りのサイクルが早い物はあまり時間もお金もかけませんが、腕時計は一つを長く愛用したい派なので選ぶ時は真剣に慎重に選びます。

買う時重要視する点は、第一印象でトキメキを感じるかどうか、自分に合っているか、長い期間使えるデザインなのか、値段に無理はないか等です。

とはいえ結局は悔いのないよう気に入った商品を買ってしまうのは仕方ありません。

個人的に失敗しないのはシルバーだと思っています。盤の色が選べますし、いつの時代にも合いますからね。

若いままの間隔で買うと大体失敗します。自分の大好きな色に盲目に飛びつくと、大きさ形など派手で後悔しきりだったり、値段ももうちょっと抑えとけばよかったかなと反省したり色々ありました。

腕時計を選ぶのはとても難しいですが、同時にとても楽しいです。

一生に何度も買い替える予定は無いので、その時間を満喫できたら良いと思います。
ディーゼル(DIESEL)腕時計通販専門店 | 腕時計エリア

この投稿は2017年2月10日に公開されました。

元気な男子の腕時計はチープカシオで決まり!

皆さん、こんにちは。

今回は元気な男の子にぴったりの、お薦め腕時計をご紹介します。

男の子のお子さんをお持ちの方はよく分かると思いますが、小学生の男子はとっても元気がよく、洋服や持ち物もすぐにボロボロになってしまいますね。

でも元気で遊ぶ姿を見られるのは、親にとってはとても嬉しいもの。

いつまでも健康ですくすく育っていって欲しいですよね。

さてそんな男の子ですが、小学生にもなると自分の腕時計が欲しい、と言う子が増えてきます。

外で遊ぶ時に腕時計があれば便利ですし、友達がはめているのを見て欲しくなったり。

でも遊ぶ時に壊すんじゃないかなと、親としては心配になってしまいますよね。

そこでそんな時にお薦めなのが、大手メーカーCASIOが作っている腕時計、その名も「チープカシオ」です!

初めて耳にする方も多いと思いますが、この腕時計は安くて頑丈なものを求める男性に大人気の商品なんです。

まず値段ですが、何と1000円前後からネットや量販店などで購入できます。

しかし日常生活防水で耐久性もあり、アラームやストップウォッチ、点灯機能などもついているので、アウトドア好きな方や肉体労働、工場内労働の男性から火が付き、今や世界中で高い評価を受けているそうです。

もちろんデザインもどこかレトロな感じがカッコいいと評判ですよ。

こんなチープカシオは子どもが遊ぶ時に、ちょっとした水濡れやスポーツ時でも安心して使えますね。

皆さんのお子さんが「腕時計が欲しい」といった際には、ぜひチープカシオを検討してみてはいかがでしょうか?

この投稿は2016年10月5日に公開されました。

いい腕時計ひとつでファッションは変わる!

断言しましょう。ファッションはポイントとなるアイテムひとつで変わります。たとえ、いわゆるファストファッションで身をかためていたとしても、良い腕時計だったり良いバッグだったり、はたまた良い靴であったりと、ポイントとなるアイテムを身につけることによって、ファッション全体に魔法をかけることができますからね。
ストレートに言ってしまえば、チープな洋服がひとつの高級アイテムによってたちまちハイセンスかつ高級感のある洋服へとガラリと印象を変えますからね。良いファッションアイテムは、それだけでもう説得力を持つとも言うべきでしょうか。腕時計にしてもバッグにしても、効果的に見せることによって簡単に魔法をかけられますから。
そしてだからこそ、重要なわけなのです。機能性はもちろんのこと、自分の気に入るデザインのものを身につけることも重要ですから。なぜなら、洋服は制服でない限り毎日変えるものですけれど、腕時計にしてもバッグにしても毎日同じものを使う人がほとんどですからね。
ですからこそ、ちょっとぐらい背伸びした値段のファッションアイテムを選んでも、十分に元が取れるとも言えるのです。そしてまた、ブランドにまどわされず「自分の好みのもの」を身につけることも重要ですから。なぜなら毎日身につけるものですからね。

この投稿は2016年9月5日に公開されました。

買うなら楽でかっこいい腕時計

腕時計は社会人になってから必須の物となってしまいました。学生の頃は時間に縛られたくないなんて事を言ってしてませんでしたが、実際にはお金がなかっただけでしてたね。時計もこだわりだすと果てしなくお金がかかりますからね。社会人になってから3本ほど時計を購入しました、5年に1本くらいですね。

1本10万円以上するような時計はいまだに買えてませんが、3万円以上はするものばかりを買ってきました。

いずれも電池式ばかりですが、電池式は古くなってくると電池交換頻度が高くなってきて非常に面倒を感じるようになりました。いざという時に棚から取り出すと針が動かなくなっている、こんな事もとても多くなってストレスを感じましたね。

次は普通の電池式はやめようと思って、悩んでいました。オートマチックはある程度お金を出さないとかっこいい物が買えない事が判明。ソーラー電池式は楽そうなんですが、かっこいい物が少ない。

そんな時にポールスミスで見た目もよいソーラー電波式時計を発見。値段も90000円程で程よい贅沢感もあります。

思い切って購入してみて4年が経過しましたが、一度も電池交換はしていません。それに時間が狂う事もありません。蛍光灯の明かりでも充電できるのですから非常に助かります。

腕時計はソーラー電池式が一番よいかもしれませんね。

この投稿は2016年7月23日に公開されました。